名古屋の歯医者|審美治療・ホワイトニングならデンタルサロン モナ

女性外来
こころを癒す治療を目指して

女性外来

デンタルサロンモナの女性外来

デンタル サロン モナでは毎週木曜日を「女性外来」として、女性患者さんが安心して通える診療スタイルにしました。
毎週木曜日は全員女性スタッフが対応して、基本的には男性患者さんの治療は受け付けません。
但し、急を要する痛みや、前歯の破折・脱離などがあった場合は、歯科医師の判断により男性でも治療を受け付ける場合がありますのでご了承ください。

女性歯科医師である副院長の福安がライフスタイルやライフステージに合わせた歯の相談に応じます。
女性の健康は女性ホルモンが大きく影響します。
ライフステージによってホルモンバランスが変化する女性は一生を通じ、思春期、妊娠・出産・授乳、更年期、閉経後などとその度に体調など健康に大きな影響をうけます。
実際に歯科においては女性ホルモンと歯周病は深い関係があります。
それぞれのライフステージあった歯のケアを同性の目線でご提案します。

思春期

この時期は4割が歯肉炎になっていると言われているうえに、女性として体内ではホルモン分泌が始まり、それにより歯肉が腫れたり簡単に出血したりする、思春期性歯肉炎になることがあります。

妊娠・出産・授乳

女性にとって体全体が大きく変化する時期です。
ホルモン、免疫などバランスを崩し多くの方に歯肉炎の症状が見られます。
この時期にかかる歯肉炎を妊娠性歯肉炎と言います。
また、つわりによる嘔吐や体調不良、気分が悪く歯磨きができない状況が続くなど口の中の環境を良好に保つことができないケースもあります。

更年期

女性ホルモンが急激に減少することで、様々な症状が現れます。
その中でも、口が渇く、味覚がおかしい、舌が痛いなど、が口の中の症状として多いです。
口が渇く原因としては唾液の分泌が減少することで起ります。それにより口の中の免疫機能が低下し、虫歯や歯周病にかかりやすくなります。

閉経後

閉経後に骨粗鬆症になっている方はなってない方と比べて歯周病が重症かで歯肉からの出血も多いです。

  

女性外来の安心ポイント

1 診療室のスタッフは女性しかいない
2 担当医は副院長の福安が全ての患者さんを診ます
3 完全個室の診療室なのでプライバシーが保たれる
4 子供を連れて来ても、他の人を気にすることなく落ち着いて治療が受けられる。ベビーカーも一緒に診療室に入ることができる
5 女性トイレは広くてキレイで授乳室、多目的トイレも完備
6 駐車場無料