名古屋の歯医者|審美治療・ホワイトニングならデンタルサロン モナ

コラム
こころを癒す治療を目指して

2017/06/13

審美治療と矯正治療

審美治療の多くは歯並びの極端に悪い歯を抜いたり、神経の処置をして大幅に歯の向きを変えるためにセラミックを被せることで歯並びの治療を行います。

 

 

一方、矯正治療は歯の大きさと顎の大きさの測定から必要に応じて歯を抜いたり、若干歯と歯の間を削ったりすることでスペースを作り弱い力で時間をかけて歯を動かす治療です。

 

 

この両方の治療を組み合わせて行う方がより審美性の高く、患者さんの身体的負担も少ないことが多いです。

どういうわけか、この両方を組み合わせて治療している歯医者の症例が少ない気がします。

近年、モナでは審美目的で歯を抜いたり、神経を処置したりしないで、短期間の矯正治療を組み合わせた審美治療が増えています。

 

 

↑↑↑ 海外の歯医者の症例です

 

また、矯正医からの依頼で矯正治療が終わった患者さんの審美治療も行っています。

 

矯正治療でしかできないこと、審美治療でしかできないことを上手に組み合わせると、審美性や機能性、予知性のとても優れた治療を可能にします。