名古屋の歯医者|審美治療・ホワイトニングならデンタルサロン モナ

コラム
こころを癒す治療を目指して

2017/05/09

歯医者の右腕

歯医者をやっていく上で、とても大切な存在に歯科衛生士さんがいます。

医者で言う、看護師さんのような存在です。

 

どのこ歯医者でもいます。

 

当院にも開業まもないころから勤めてくれている方がいます。

完全に私の右腕のような存在です。

 

私の治療のクセを知っていて、治療の流れや空気を読んで次に必要な器具や材料を用意してくれます。

当院に来る医者の患者さんに言わせると「歯医者の治療は常に外科手術の連続みたいなことをやっている」と言われたことがあります。

そのように考えると、手術が滞りなく先手先手で器具を用意してくれるのは患者さんにとって負担が少なくとてもありがたい存在です。

それ以外にも、私が気付かない患者さんの状況や気持ちを上手に汲み取って教えてくれます。

 

これだけでも十分大切な存在なのですが、更に歯のクリーニングのをする技術が高く、わざわざ彼女を指名するファンのような患者さんも作る。

これらは当院に限ったことではなく、恐らくどこの歯医者にもこのような歯科衛生士さんは存在しています。

 

まさに歯医者の右腕なのです。