名古屋の歯医者|審美治療・ホワイトニングならデンタルサロン・モナ

コラム
こころを癒す治療を目指して

2017/01/13

セルフメディケーション

若者

ちょっと前に、患者さんである大手企業の企画担当の方と治療後に雑談していると。セルフメディケーションと言うキーワードに出てきました。

それが、20〜30代層で根付いているとのことです。

レッドブルをご存知ですよね、大流行したエナジードリンクです。これの流行した源流に間違ったセルフメディケーションが関わっているかも?とその方は考えていました。

エナジードリンクを飲んで元気になる的な発想だそうです。

ちなみに、セルフメディケーションの意味としては「自分で病状の診断をして、軽度の場合は自身で薬などを購入して治療すること」

 

 

12月だから

どの業界もこの時期は忙しいのですが、歯医者も例外はなく今年1年が終わる前に・・・という方で忙しくなります。

特に、定期検診です。

それも1年に1回の方。

多くは虫歯が無く、歯周病の心配も無い、口腔衛生状態が良好の方です。

その中に結構な割合で20代の方がいます。しかも、ほとんどが数年来1年1回の検診で真面目に通っています。

 

自分の体は自分で守る

いくら真面目に歯の検診を受けても、所詮は年に1回です。

最も大切なことは、毎日の歯磨きです。

いつも私が伝える歯磨きの精度を向上させるポイントが3つあります。

1 歯ブラシは月に1回交換する

2 歯磨きをする時は、鏡の前に立って歯ブラシが歯にしっかり当たっているか確認しながら磨く

3 毎食後に磨くのが理想だが、無理なら朝と寝る前に必ず磨く