名古屋の歯医者|審美治療・ホワイトニングならデンタルサロン モナ

コラム
こころを癒す治療を目指して

2018/02/19

すきっ歯を放置すると・・・

 

 

「年々、すきっ歯がひどくなってる気がするのですが...」

こんな質問を受けたことがあります。

 

そうなんです。年齢にともないすきっ歯はひどくなることがあります。

 

加齢とともに、歯周病や舌のクセ、生活習慣などがすきっ歯を悪化させます。

一番多いのは隙間部分の汚れや着色です。

歯ブラシやフロスでは当然ですが、歯間ブラシを使っている方でも磨きにいようで、歯石が溜まっていることが多いです。

 

残念ながら、大人のすきっ歯は自然に隙間が埋まるようなことはありません。

むしろ悪化するリスクだけが残ります。

 

当然、すきっ歯の方は悩んでいる方が多いのも承知しています。

 

先日、来院した方は40代でした。

子供の頃からずっとすきっ歯だったようです。

来院した時には隙間が2〜3ミリほどあり、結局ダイレクトボンディングだけではとても難しいために矯正治療をすることになりました。

 

ダイレクトボンディングによる治療だと即日で終わる症状が、放置することで数年の治療期間をかけないと治らないような状況になることもあります。

歯の状態によって治療法が変わってきます。

「今がどのような状態か?」「どのような治療法があるのか?」そのようなことを知るだけでも大きい違いです。

悩んでいる方は、専門家に相談することをオススメします。

当医院では個別相談会も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問合せ