名古屋の歯医者|審美治療・ホワイトニングならデンタルサロン モナ

コラム
こころを癒す治療を目指して

2017/10/20

即日審美とセラミックとの違い

最近、即日審美という形で1日でできる治療をお勧めしている歯科も多くあります。
簡単な光学撮影により3D画面上で設計操作を行い、治療当日に機械でセラミックを削りだす方法です。
 
メリットとして、1回の治療で銀歯の詰物を白くて丈夫なセラミックに置き換えることができること、機械で削りだして作るため、治療費用を抑えることができます。
反面デメリットとして、色の決まった数種類のセラミックブロックを削りだすため色を合わせることが困難なこと、機械で削りだすので歯科技工士が作るセラミックと比べると精密さに欠けることです。
 
 
それに対してセラミック治療のメリットは自然な色を再現しやすく本物の歯に近い色や質感が出せること、人間の手で丁寧に作るため精密に出来上がることです。
ちなみに精密にできることの重要性は、歯とセラミックの間に隙間ができにくく、そのため再度その歯が虫歯になることを防ぐことになるので大切な要因となります。
デメリットとして、削った歯の型を取り歯科技工士が作るので、治療回数や治療期間がかかること、人の手で作るため機械に比べて比較的費用が高くなる傾向にあります。
 
どちらにもメリットとデメリットがありますが、デンタルサロンモナではセラミック治療をお勧めしております。
本来の審美治療の目的は口の中の見た目を良くすることだと思っています。
機械での削りだしではその目的を果たすことが困難で、やはり高いクオリティで目的を果たすためには、それなりの時間と労力が必要だと思うからです。